診療報酬ファクタリングを活用しよう!

診療報酬ファクタリングとは?

病院が国に請求する診療報酬、介護施設が国に請求する介護報酬、いわゆる「レセプト」を現金化できることはご存じでしょうか?

「そんなの2か月待てばすぐに現金化できる」という方も多いと思いますが、医療関係者によってはその期間が長く、早く現金化したいという人も多いと思います。

資金繰りなどが厳しい、従業員の給料の支払い、トラブルなどどんな職業でも経営者であればこのことに直面することは少なくないでしょう。

そんな時に役立つのが「診療報酬(介護報酬)ファクタリング」なのです。

医療関係者の方でもこのファクタリングの魅力に気が付いてない方も多いのですが

ファクタリングってなに?

ファクタリングという言葉はあまり聞きなれない方も多いと思いますが、ファクタリングというのは本来債権の買い取りサービスのことです。

医療に限らず様々な業種では売掛金が発生しますが、この売掛金を現金化するまでに一定の期間を要します。

仕事や経営状況によってはこの売掛金を早く現金化したい!という経営者の方も多く、そんな方に向けて今すぐその売掛金を手数料を払うことで現金化できるのがファクタリングというわけです。

このファクタリングですが大きく分けると

  • 一般のファクタリング
  • 医療ファクタリング(介護報酬ファクタリング)

に分けられます。

一般的なファクタリングは売掛金なら何でもできます。

買い取り業者は多く手数料を支払うことで簡単に現金が手に入ります。

個人事業主でもできるのでファクタリングは手っ取り早く現金を手に入れる手段としてどんどんニーズが増えていますが、デメリットとして手数料が高いことが挙げられます。

というのも一般的な債権というのは、貸し倒れリスクが高いのです。

そもそもファクタリングが必要な企業の場合、手元に現金がないということでファクタリングを利用することが多いのですが、当然経営は良くないケースがほとんどです

そしてそのような企業と取引してる会社の経営状態も良くない場合があります。

つまり債権そのものにやや信頼性が薄いのです。

となると当然手数料は高くなってしまいます。

そこで問題になるのは売掛先にファクタリングの事実を知られたくないという企業も多いのです。

特にファクタリングは手形取引と似ており、さらに今すぐ現金が欲しいという企業に対して一般的にはあまり良いイメージを持つ会社は多くありません。

なのでこのファクタリングの事実を隠して行うファクタリング方法が2社間ファクタリングという方法です

2社間ファクタリングは相手企業に知られず、ファクタリングを希望する会社とファクタリング会社の2社だけで行われます。

一般的なファクタリングは3社間ファクタリングと呼ばれ、ファクタリングを希望する会社と売掛先、ファクタリング会社とで行いますが、売掛先に全く知られないのがこの2社間ファクタリングなのです。

先ほども書いた通りファクタリングを利用する会社の大半は資金繰りに困っており、2社間だけでファクタリングを行うとファクタリング会社としてはかなりのリスクを負います。
なので2社間でファクタリングを行う場合は手数料は債権額の20%から30%とかなり高い金額が必要となります。

このようにファクタリングとはそれなりに費用が発生してしまうのですが、この費用を大幅に抑えられるのが「診療報酬ファクタリング」です。

診療報酬ファクタリングの特徴

先ほどのようにファクタリングとは手数料が高くなってしまい、結果として長期間利用すると資金繰りどころか経営そのものが悪くなるリスクがあります。

しかしこの手数料の問題が少ないのが診療報酬や介護報酬を使った診療報酬ファクタリングです。

診療報酬ファクタリングは診療報酬や介護報酬のみで利用されるファクタリングのことですが、診療報酬や介護報酬の場合、支払先は国であり、倒産リスクなどはまずありません。

そうです、国が支払いを遅れたり、支払いができなくなってしまうことなんて通常はまずありえません。

つまり診療報酬ファクタリングは一般的なファクタリングと比べてはるかに信頼性が高いのです。

このため診療報酬ファクタリングは一般的なファクタリングと比べてはるかに手数料が安い傾向にあります。

実際に比べてみると

  • 2社間ファクタリング
  • 手数料8~30%程度
  • 3社間ファクタリング
  • 手数料3~8%
  • 診療報酬ファクタリングは
  • 手数料1.5~3%

となっています。

さらに診療報酬ファクタリングの強みはまだまだあります。

一般的なファクタリングの場合、先ほど申し上げたように売掛先に通知が行ったり、ファクタリングの事実が知られることによって取引などに影響を及ぼす場合があります。

しかし診療報酬ファクタリングの場合は取引先は国営企業であり、国営企業はファクタリングをしたからと言って特にペナルティや取引がなくなるという心配がないのです。

つまり2社間ファクタリングをしなくてもまったく問題ないのです。

これが一般的なファクタリングと診療報酬ファクタリングの大きな違いといえます。

※ただしまれに即日など緊急で資金が必要な場合に診療報酬ファクタリングでも2社間ファクタリングを行う場合があります。

つまり診療報酬ファクタリングは一部の人しか利用できない反面、一般的なファクタリングより安く有利に利用できるのです。

診療報酬ファクタリングのデメリット

診療報酬ファクタリングはメリットがあるものの、デメリットももちろんあります。
例えば手数料は銀行の融資と比べるとやや高めになってしまうほか、診療報酬額を超える金額の資金調達はできません。

ですので必ずしも希望の金額が調達できるとは限らないのです

このようにファクタリングについてしっかり理解したうえでもし必要であれば一般的な診療報酬ファクタリングを利用を検討してみましょう。